011234567891011121314151617181920212223242526272803

date :2013年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決めた。

萬田緑平  ‏@ryokuhei

癌治療を続けるとかえって命を短くする状態が必ずある。治療を止める判断は誰がするのか。医師が決定するべきだと思われているが、実は超難しい。家族が治療中止の決定をするのは更に難しい。よほど本人が苦しそうになるか、よほど本人と家族が一心同体でないと治療中止の決断はできない。

亡くなる直前まで会話したり、歩いている人もいる。決して急変ではない。1.家族の心が穏やかで 2.「好きなように生きていいよ」と支えることができると 目一杯自分らしく生きることが出来る。家族の作るいい環境と、本人の努力で作った真のピンピンコロリです。早かったのではなく、大成功だ

医療は人生の時間稼ぎ。稼いでも稼いでも、何処かで"生き方"を確認しなければ、ただ「もっと、もっと」となる。しかも稼げる時間はどんなに頑張っても減ってくる。そして最後は「こんなはずじゃなかった」となる。ある程度稼いだらその時間をしっかり使おう。次の時間稼ぎに投資するのでなく。

呼吸が止まるのがわからないくらい穏やかでした」という時は、"お別れ"ができている時。「最後は苦しそうでした」という時は「死なないで。もっと頑張って」という時。最後の苦しみは薬や緩和治療でどうにかなるものではない。家族の心の状態で決まる。緩和ケアはそのための時間稼ぎのテクニックだ

看取りに際して「どうしたらいいでしょうか」と聞かれるが"経験"するしかないと思う。数十年後は自宅で亡くなる人が増え、死が今よりも怖いものではなくなると思う。逃げないで向かい合って経験して欲しい。だから未経験者の後押し、後方支援をしながら新たな経験者を増やす仕事をしている。

僕らは看取りの場面にはいないようにしている。もちろん心電図もない。家族が亡くなるということを身を持って体験してもらう。辛いけれど(バックについてますからねと)呼吸が浅くなって、、、止まって、、、それが亡くなったって事なのだと感じてもらう。それが家族で看取るってことだと思う。



スポンサーサイト

嫁のひとりごと

相方のことも、ちょっと心配になってきたなぁ、、、

実際に日常の世話をしているのは相方だからなぁ、、、

この人の死生観も大事にしてあげないかんよなぁ、、、

相方が無理をしないように、

相方が傷付かんように、

最後に後悔する事の無いように、、、

嫁はどう支えたらいいものかね、、、


相方が、姑みたいに簡単な人やったらええねんけどなぁ、、、←

アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ

自分の事だったら結構冷静になれるのに、
いざ家族のこととなるとちょっとアタフタするね。



Dr: お父様の病名は「悪性リンパ腫」です。

家族: えええ!!またご冗談を!!

Dr: ~抗がん剤治療が必要です。

家: ご飯も食べへん、うちのじいちゃんが素直に薬飲むかね???

Dr: ~あとはご家族で話し合って頂いて、来週また...




家: じいちゃん、どうするね?困ったねぇ、、、。

爺: ヽ(^。^)ノ

家: おおおーなんか笑うてはるし、、、

嫁: いくらボケボケとはいえ、治るもんなら治してもらわないかんよ。

相: ですよねー  でもなー  親父なー 病院嫌いやしなー    ← 今ここ




しっかりしてた頃のじいちゃんの希望は「痛い事だけはせんといてな...」です。
痛いことかぁ、、、(-"-)

・・・眠れない夜が続きますな、、、。


マンウィズヽ(^。^)ノ

昨夜、相方が「ごっつカッコいいバンド見付けたヽ(^。^)ノ」って言うから、
一緒に録画してたライブ(ももクロ・金爆・ガクトさんが出てたヤツ)を見たら、
えええ?なんだこれ~?!ヽ(´∀`)ノって、いきなり大ファンになりました(単純w)
なんでか、オオカミの被りものしてはりますけど、曲が素敵やのよ(人´∀`).☆.。.:*・゚
ああ一目惚れやわぁ。。。

で、記念に書いとく事にしました。暇な方は聴いてみて下さいな。
うちら夫婦の音楽嗜好がよ~く分かりますわ。わはは。

*MAN WITH A MISSION* 
  / FRY AGAIN ♪ / Emotions ♪ / distance ♪

直江せんせーーー。・゚・(ノД`)・゚・。

ちょっと思うことがあって、白い影を8話まで一気に観ました。
ああ、頭がガンガンする。。。 ← なぜ学習できないのかww




我々は最後まで全力を尽くし、死の形を整えてあげなければならない。

1つの命の為にどれだけの手が尽くされたかを知ることで、
本人も、残される家族も、ようやく納得する事が出来るんです。
そんな最期を迎えさせてあげたい。

そこに導くのも、医者の仕事ではないでしょうか...。




どっちに進むのか分からないときには、
信じて、ただ信じて自分自身を♪

おしっ!あたしゃ明日もやるよんヽ(^。^)ノ


プロフィール

Author:籐四郎
恩には恩で、愛には愛で、いのちにはいのちで。
人の道は極めてシンプルです...φ(..)

おこんにちは

現在の閲覧者数:

大好きさん 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。